なぜコンテナ内で栽培を行うのか?

ビニールハウスではなくコンテナで栽培をする理由

コンテファーム投資は、その名の通りコンテナ内でしいたけ栽培を行います。

なぜ、ビニールハウスではなくコンテナで行うのでしょうか?

ビニールハウスと比べても、

コンテナハウスは温度や湿度がシステムで管理できるので、

技量が不必要になり多くの人々が栽培できるようになります。

コンテナの3つの特徴

1. 質の高いしいたけを多く栽培できる

2. 外気の影響を受けず、場所を選ばない

3. 天敵である台風や水害など、災害の影響を受けない

特徴1 質の高いしいたけを多く栽培できる

ビニールハウスに対して空間が狭いコンテナでは、難しい温度・湿度管理をシステム的に行えることでより容易に質の良いしいたけの栽培を可能にします。さらに温度・湿度を一定にするためにビニールハウスでは菌床を一定の距離を保って設置する必要がありますが、コンテナでは距離を取らなくてもシステムによって管理ができるので、より多くのしいたけを設置することができます。 そのため、コンテナでは小さくても多くのしいたけを栽培する事ができます。

特徴2 外気に影響を受けないため、場所を選ばない

密閉されたコンテナ内で温度・湿度をコントロールして栽培するため、天候や気候など外気の影響を受けません。

容易に温度や湿度を一定に保つことができるので設置場所が限定されずどこにでも設置可能です。

鉄で作られたコンテナは農業の天敵である台風などの災害や、川の氾濫などの水害にも影響を受けません。

さらには設置方法も置くだけなので、万が一、地震などで転倒してまっても復帰も即時に低コストで行うことが可能です。