コンテナファームはソーラーシェアリングも可能!

ソーラーシェアリングとは

ソーラーシェアリング(営農型発電設備)とは、農業を行なっている土地の上に太陽光パネルを設置して行う太陽光発電のモデルです。農業を行いつつ、同じ土地で太陽光発電も行えるので、農業の収入にプラスする形で、太陽光発電の売電収入が得られます。

太陽光発電用地が減少している今、ソーラーシェアリングはかなり増加しています。

2018年の5月、ソーラーシェアリング制度の規制が一部緩和されました。

ソーラーシェアリングを行うためには農地扱いのまま、太陽光の支柱部分を一時転用する必要があるのですが、これまでは、3年毎に一時転用許可を取得する必要がありました。

しかし、規制緩和により、条件によっては3年から10年に延長する事が可能となりました。

これにより、さらにソーラーシェアリングは普及する事が予想されます。

コンテナを利用した
ソーラーシェアリング

弊社がご提供するコンテナファーム投資は新し形の農業系投資で、管理システムが組みこまれたコンテナ内でしいたけ栽培・収穫・販売まで行うことで利回り 15%~ を確保します。このコンテナの屋根に太陽光パネルを設置しソーラーシェアリングを行います。

この場合、2020年現在の売電価格は条件はありますが、50kW未満の場合13円で、さらには全量売電が可能です。

50kW以上になると、通常の太陽光発電の売電価格と同じく、12円もしくは入札となります。

コンテナファームでは弊社が栽培・収穫・販売を行うので、農業を既に辞められて、第一種農地を持て余している方にもオススメです。

コンテナファームをお持ちの土地に導入し、あとはパネルを設置するだけで、菌床の収入+太陽光発電の収入が得られます。

また、こちらも条件がありますがコンテナの屋根だけではなく、コンテナ周辺に太陽光パネルの設置も可能で、さらなる収益アップが見込めます。

ソーラーシェアリング
×
コンテナのメリット