これからは農業投資の時代!「コンテナファーム投資」とは? 名前が似ているコンテナ投資との違い

皆様は「コンテナファーム投資」という新しい投資商材はご存知でしょうか?

名前の響きから、トランクルームの運営をする「コンテナ投資」をイメージする方も多いかと思います。

コンテナを利用するという点は共通していますが、それぞれ仕組みが大きく違います。

「コンテナファーム投資」は新しい農業系投資として投資家さまから大きく注目を集めています。

コンテナファーム投資は投資するだけで一切手間がかからずに安定した収益をあげれます。

投資先の候補の一つとしても十分にあげられると思いますので、コンテナファーム投資について詳しく解説していきます。

1. コンテナファーム投資とは? コンテナ投資との違い

最近人気のコンテナ投資と弊社がご提案するコンテナファーム 投資には大きな違いがあります。

コンテナ投資は大きな括りでいうと不動産投資になりますが、

コンテナファーム投資は新しい農業投資という括りになります。

以下で詳しく解説していきます。

1-1 コンテナファーム 投資について

コンテナファーム 投資とは、コンテナユニットと菌床しいたけを購入して頂き、コンテナ内でしいたけの栽培を行います。

一般的なモデルとしては、栽培したしいたけを販売し、それが収益となっていくのですが、弊社の場合は少し違うスキームを採用しています。

使用後の菌床は基本的に再利用できないのですが、弊社のモデルはその菌床を弊社が買い取る事でコンテナオーナー様に収益をあげて頂きます。

栽培や収穫は、全て弊社が行うため農業に関する知識や経験がない方でも行って頂けます。

弊社のモデルですと、利回りは13.9%を確保しております。

1-2 コンテナ投資について(コンテナ投資説明図)

コンテナ投資は都市部を中心として広がりを見せているレンタル収納スペースへの投資を表します。

マンションや土地と言った高額なイメージのある不動産投資ですが、コンテナ投資はそれらに比べ少額で始める事ができます。

都心部では特に収納スペースが無く困っているご家庭や企業が多くあり、需要が大きいです。

コンテナ投資は初期投資額が小さく、利回りも10%前後になるので、今人気が高まっています。

1-3 コンテナファーム投資とコンテナ投資の違い

コンテナファーム投資とコンテナ投資はコンテナを使用するという点は共通していますが、仕組みは全く違います。

コンテナ投資はコンテナを収容スペースに利用するのに対して、コンテナファーム投資はコンテナをしいたけ栽培に利用します。

使用するコンテナ自体も、少し違います。コンテナ投資は物を収容するだけなので、通常のコンテナでも問題ないですが、

コンテナファーム投資で使用するコンテナはしいたけ栽培を行う為に、

環境を一定に保つ設備や断熱材が使用されているリーファーコンテナを使用します。

ただ、どちらも高額な不動産投資に比べて比較的少額で始める事ができ、利回りも高く安定しています。

また、運営を外部に委託する事で、手間をかけずに収益をあげる事ができます。

2. コンテナファーム投資の始め方

コンテナファーム投資を始めるためには、土地としいたけ栽培のためのコンテナ設備、しいたけ菌床が必要となります。

弊社の場合は、三重県のいなべ市に土地をご用意しておりますので、コンテナ設備・しいたけ菌床をご購入頂くだけで始める事ができます。

もちろん、お持ちの土地で始める事も可能です。

2-1 コンテナファーム投資に向いている土地

コンテナファーム投資はその名の通り、コンテナ内で農業を行うので周りの環境に影響されません。

日射量が少なくても、風が強くても、台風が来てもコンテナ内の環境は一定なので、どんな場所でも可能です。

メリットを享受し易い土地としては、第1種農地や甲種農地が挙げられます。

第1種農地や甲種農地は転用が難しく、土地活用を考えたときには何かと不便な土地です。

コンテナファーム投資の場合はそう言った転用が難しい土地の場合でも行う事が可能です。

加えて、第1種農地・甲種農地の場合はコンテナの上に太陽光パネルを設置し、ソーラーシェアリングを行う事も可能となります。

通常、ソーラーシェアリングは農作物の収穫量に影響を与えないように間隔をとってパネルを設置する必要がありますが、

コンテナ上に設置する場合は、間隔を取らずに設置可能なので太陽光パネルの恩恵を最大限享受できます。

2-2 借地でコンテナファーム投資を始める

土地をお持ちでない場合は、土地を購入、もしくは借りる事となります。

弊社の場合は、三重県いなべ市にコンテナファーム 用の土地をご用意しております。

 

2-3 コンテナファーム投資にかかる費用

弊社で行う場合の初期費用はコンテナユニット一式・基礎工事・設備設置工事で1,100万円(税抜)となります。

また、ランニングコストとして菌床代金が2ヶ月毎、栽培・収穫等の管理費が毎月発生します。

利回りが13.9%なので、約7年で投資金額を回収する計算になります。

3. コンテナファーム投資は弊社にお任せ下さい!

弊社のコンテナファーム 投資は10年間の菌床買取保証がございます。

安定して収益をあげられるのでご興味のある方はぜひお問い合わせください!

 

 

お問い合わせはこちら