徹底比較! コンテナファーム投資 vs コインランドリー投資!

最近注目を集めている、コインランドリー投資。

今回はコンテナファーム投資とコインランドリー投資を比較していきます。

1. コンテナファーム 投資とは?

コンテナファーム投資とは、環境を整えたリーファコンテナ内でしいたけ栽培を行い、その際に使用する菌床を売買する事で利回りを確保していく投資モデルです。

詳しくはこちらの記事で解説しております。

2. コインランドリー投資とは?

コインランドリー投資は最近話題となっている投資先です。

コインランドリーのオーナーになり、その売り上げで収益を上げていくモデルです。

コインランドリーのオーナーになるためには、いくつかの方法があります。

まずは、そこからみていきましょう。

2-1 フランチャイズ でオーナーになる方法

コインランドリー投資で一般的なのが、こちらのフランチャイズ 経営ではないでしょうか。

フランチャイズ の場合ですと、初めてこの業界に参入する方でも、フランチャイズ 元となる企業が

ノウハウを所持しており、運営面は安心です。

ただ、その分フランチャイズ 元に売上金の幾らかを支払わないといけません。

2-2 自分で一から始める

土地や建物、コインランドリー施設を全て自分で揃えなければいけませんが、その分、売り上げは全て自分のものになります。

ただ、どの土地に出店すれば売り上げが確保できるなどのノウハウも自分で開拓していかなければなりません。

運営していく中でのメンテナンスや販促キャンペーンなども全て自分で行う必要があります。

 

2. コインランドリー投資のメリット・デメリット

ここからはコインランドリー投資のメリット・デメリットをみていきましょう。

2-1 人件費がほとんどない

皆さんはスタッフが常駐しているコインランドリーを見かけたことがあるでしょうか?

ほとんどの方はそのような光景はみたことがないと思います。

基本的にコインランドリーは無人でセルフサービスなので、人件費がほとんどかかりません。

店内の清掃や洗剤補充のスタッフを雇用するくらいで、他には人件費は発生しません。

もちろん、上記を自分で行う場合は雇用する必要もなく、人件費は0に等しいと言えます。

2-2 小規模なものから始められる

コインランドリーと言っても、店舗の大きさはそれぞれ異なります。

はじめは小規模なものから始めて、売り上げが好調なら、他の場所で規模を大きくすると言ったことも可能です。

 

2-3 売り上げが立地に大きく左右される

 コインランドリーは立地が1番大事と言っても良いでしょう。

需要がある場所なのか、アクセスしやすい場所なのかどうか調査する必要があります。

2-4 投資というよりも経営の側面が強い

コインランドリーは投資すればそれで終了ではありません。

店舗があると言う事を知ってもらうために販促活動を行ったり、

利用してもらえるように値引きキャンペーンを行ったりして、

運営していく必要があります。

ここまでになってくると、投資と言うよりは経営をしていると言った方が正しいのではないのでしょうか。

3. まとめ

コンテナファーム投資とコインランドリー投資の比較をしてきました。

どちらもそれぞれの特徴があります。

コンテナファーム投資は菌床買取契約で10年間の収益が保証されているので、「中期的に資産を増やしたい方向け」

コインランドリー投資は、投資というよりは経営者感覚でコインランドリーの運用を楽しめる方に向いていると言えます。

純粋に投資を考えている方にはコンテナファーム 投資、実際に運営して売り上げを伸ばしていきたいという方にはコインランドリー投資がオススメです。

弊社はコンテナファーム投資を行っておりますので、

気になった事があれば、ぜひお問い合わせ下さい!

 

お問い合わせはこちら